有給を買い取ってもらうことは可能だろうか

ところで、未消化の有給休暇を買い取ってもらうことは出来るのだろうか。
原則では、会社は有給休暇を買い取ることは、出来ません。
年次有給休暇の主旨は、労働者の心身の疲労を回復することです。
有給休暇を買い取ることは、その主旨から、外れてしまう為、認められません。
しかし、例外もあります。
労働基準法で定められている法定日数を上回って付与されている日数分は、買い取りが認められる場合があります。
また、退職によって請求権が消滅する場合や、有給休暇の時効(2年)を経過し、請求権が消滅する場合は買い取りも認められる場合があります。
でも、買い取ることは会社にとって義務ではありません。
各々の会社により異なりますので、就業規則を確認するか、担当者に確認してみると良いでしょう。
有給が残っている場合、有給を消化して退職するのがスムーズかと思いますが、引き継ぎなどの為に、なかなか難しい場合があります。
会社で買い取りを行ってくれるなら、良いですが、買い取りは行わないということであれば、有給を請求しましょう。
有給は法定休暇なので、事業主は請求があった場合は与えないといけなくなります。
どの方法を選択するにせよ、担当者と相談しながら、穏便に事が進むようしましょう。